スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪Catch Us If You Can by The Dave Clark Five

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのはDave Clark Fiveの「Catch Us If You Can」です。

Dave Clark Five のベストアルバムが配信されていたのは知っていたのですが、Dave Clark Five のオリジナルアルバムが iTunes Store で販売されるようになるとは想像だにしていませんでした。

ファンの方はご存知かとは思いますが、Dave Clark Five の版権はリーダーである Dave Clark 自身が厳しく管理していて他の60年代のアーティストのようにベスト盤やリマスターの乱発やらがない珍しいバンドです。
オリジナルアルバムの形でのCDリリースさえろくに行われていないままになぜ配信がという疑問がないことはないですが、とにかくオフィシャルな形で世にでたということは喜ばしいことです。

今回リリースされた中から僕が選んだのは、リーダー Dave Clark のドラムはもちろんバンドの特徴の一つであるテナーサックス、ブルースハープも活躍するポップなナンバー。

同じくポップな「Glad All Over」、名バラードの「Because」など名曲ぞろいのバンドなのですが、リアルタイムで経験した方意外にはあまり縁がないのが実情なのではないかと思います(僕もリアルタイム世代ではないですが)

これを機会に Dave Clark Five の音楽に触れる人が増えると嬉しいですね。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


Catch Us If You Can - Catch Us If You Can (Remastered) Catch Us If You Can - Catch Us If You Can (Remastered) 「Catch Us If You Can」 The Dave Clark Five (1967年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『Hits』 Open Amazon.co.jpHits』 The Dave Clark Five (2008年)



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

♪ずっと好きだった by 斉藤和義

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのは斉藤和義の「ずっと好きだった」です。

資生堂のCMで使われていたのでテレビで聴いたことがある方が多いかもしれません。

ビートルズのルーフトップ・コンサートの模様を完全コピーしたプロモーション・ビデオも話題ですね。
キャストはポール役を斉藤自身、ジョンをリリー・フランキー、ジョージが2丁拳銃の小堀裕之、リンゴが濱田岳というメンバーで、オリジナルで通行人がビルを見上げる場面や、周りのビルから演奏を見る人の達の様子も再現されていて、ビートルズファンには笑える作りになっていると思います。

曲は「GET BACK」スタイルのギターリフから作ったようなナンバーで、間奏でオルガンが入るところなんかも「GET BACK」を意識してる様子がうかがえておもしろいし、ビデオではエンドロールでリプライズが演奏されるという芸の細かさ。

もちろん「GET BACK」のパロディ云々を抜きにしても、良い曲に仕上がっていますので是非ビートルズファンにも聴いてみて欲しいです。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


斉藤和義 - ずっと好きだった - EP - ずっと好きだった 斉藤和義 - ずっと好きだった - EP - ずっと好きだった 「ずっと好きだった」 斉藤和義 (2010年)

ずっと好きだった ずっと好きだった 「ずっと好きだった (ミュージック・ビデオ)」 斉藤和義 (2010年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『ずっと好きだった(初回限定盤)』 Open Amazon.co.jpずっと好きだった(初回限定盤)』 斉藤和義 (2010年)




テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

♪赤いスイートピー by 綾瀬はるか

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのは綾瀬はるかの「赤いスイートピー」です。

5/12にリリースされる松本隆が作詞した曲を集めたアルバム『松本隆に捧ぐ-風街DNA-』からの先行リリースシングル。

原曲は言わずと知れた松田聖子の1982年の大ヒットシングル。
リアルタイムで聴いたことのない方でも「♪I Will Follow You」というサビの部分は聴けば「あーあの曲か」と思いだすのではないでしょうか。

綾瀬はるかは原曲よりも素直に歌っていてとてもさわやかに仕上がっています。
ジャケットはちょっと手抜きでシングル『交差点days』のときの写真ですね。
配信限定とはいえ2006年の写真を使うのはちょっとマイナスポイントかな。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


綾瀬 はるか - 赤いスイートピー - Single - 赤いスイートピー 綾瀬 はるか - 赤いスイートピー - Single - 赤いスイートピー 「赤いスイートピー」 綾瀬はるか (2010年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『松本隆に捧ぐ-風街DNA-』 Open Amazon.co.jp松本隆に捧ぐ-風街DNA-』 Various Artists (2010年)




テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

♪Basket Case (Live In Tokyo, Japan) by Green Day

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのはGreen Dayの「Basket Case (Live In Tokyo, Japan)」です。

「Basket Case」といえば90年代に青春を過ごした人ならばほとんどの人が知ってるであろう名曲なわけですが、今回紹介するのは今年の5月に最新アルバムの『21世紀のブレイクダウン』プロモーションで来日した際に行ったライブを収めたEPからのもの。

最新アルバムでは大胆にピアノをフィーチャーしたナンバーを聴かせたりと冒険心を持った作品を、聴かせてくれましたがこのライブ盤で「Basket Case」や「Know Your Enemy」を聴いてもとてもフレッシュでベテランには思えません。

Green Day はいつまでも熱くてどこか蒼臭いところがあるんだけど、バンドとしては確実に線が太くなってだいぶ大人になった気がします。


今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


Green Day - Last Night On Earth (Live In Tokyo, Japan) - Basket Case (Live In Tokyo, Japan) Green Day - Last Night On Earth (Live In Tokyo, Japan) - Basket Case (Live In Tokyo, Japan) 「Basket Case (Live In Tokyo, Japan)」 Green Day (2009年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『爆発ライヴ!~赤坂篇』 Open Amazon.co.jp爆発ライヴ!~赤坂篇グリーン・デイ (2009年)




tag : グリーン・デイ

♪Mrs. Vanderbilt by Paul McCartney

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのはPaul McCartneyの「Mrs. Vanderbilt」です。

McCartneyの今年の7月にニューヨークで行われたコンサートの模様を収めたCD(+DVD)がリリースされました。
(通常盤は11月18日にリリースされましたが、限定盤は12月のリリースになるようです)

最近のMcCartneyのツアーのセットリストは基本的にはメジャーな曲とその時の新曲から数曲というパターンが定着してきましたが、その中でも数曲は「おっ!」と思う曲を演ってくれたりします。

前回のUSツアーではそれが「Please Please Me」だったりした訳ですが、John Lennon主導で書かれたBeatlesナンバーはいままであまり歌ってこなかったので、嬉しいプレゼントとなりました。

今回のコンサートで前回の「Please Please Me」の立場にあたるのがBeatles解散後初披露となる「Day Tripper」となるのですが、もう一曲注目したいのが今回紹介するWingsの大ヒットアルバム『Band On The Run』に収録されいた「Mrs. Vandebilt」です。

2008年のウクライナ公演でリクエストが多かったため披露するようになった曲で、ロシア風といわれればロシア風のメロディを持つ曲です。

1973年の曲を35年後の2008年に初めてライブで行ったMcCartneyの気持ちはどんななんでしょうかね。

McCartneyは最近のコンサートではWings時代の曲は定番の「Live And Let Die」、「Jet」、「Band On The Run」、「Let Me Roll It」あたり以外はあまりやらなくなってしまったですが、個人的にはまったくセットリストに選ばれない、もしくは演奏したことのない「Silly Love Songs」、「Goodnight Tonight」、「Baby's Request」、「My Brave Face」、「She's My Baby」、「No Words」なんかもやってもらいたいなぁ。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


Paul McCartney - Good Evening New York City (Live) - Mrs. Vandebilt Paul McCartney - Good Evening New York City (Live) - Mrs. Vandebilt 「Mrs. Vanderbilt」 Paul McCartney (2009年)

Paul McCartney & Wings - Band On the Run (Remastered) - Mrs. Vandebilt Paul McCartney & Wings - Band On the Run (Remastered) - Mrs. Vandebilt 「Mrs. Vanderbilt」 Paul McCartney & Wings (1973年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ』 Open Amazon.co.jpグッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴポール・マッカートニー (2009年)

『バンド・オン・ザ・ラン』 Open Amazon.co.jpバンド・オン・ザ・ランポール・マッカートニー & ウイングス (1973年)


tag : ポール・マッカートニー ビートルズ

プロフィール

ジョン羅門

Author:ジョン羅門
1TBのiPOD出ないかなぁ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ユーザータグ

椎名林檎 ともさかりえ 小室哲哉 土屋アンナ 小泉今日子 ビートルズ 氷室京介 マイケル・ジャクソン 木村カエラ ヱヴァンゲリヲン 宇多田ヒカル ジャクソン・ファイブ いまみちともたか カーペンターズ 布袋寅泰 奥田圭子 ゼクシィ BOØWY ホッピー神山 羊毛とおはな ジョージ・ハリスン オアシス ザ・ローリング・ストーンズ ポール・マッカートニー 飯島真理 MAJIK MONKEY 岡田有希子 グリーン・デイ CHARA 松任谷由実 桑田佳祐 Superfly デペッシュ・モード 

お気に入り
last.fm 週間マイベストトラック
fucruijff's Profile Page
iTunes Store Top 10 Songs

iTunes Store Top 10 Apps

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
おすすめiPOD
Apple iTunes Music プリペイドカード
ジョン羅門 Recommends






iTunes Store Recommends
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
19963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
2705位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。