スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪Mrs. Vanderbilt by Paul McCartney

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのはPaul McCartneyの「Mrs. Vanderbilt」です。

McCartneyの今年の7月にニューヨークで行われたコンサートの模様を収めたCD(+DVD)がリリースされました。
(通常盤は11月18日にリリースされましたが、限定盤は12月のリリースになるようです)

最近のMcCartneyのツアーのセットリストは基本的にはメジャーな曲とその時の新曲から数曲というパターンが定着してきましたが、その中でも数曲は「おっ!」と思う曲を演ってくれたりします。

前回のUSツアーではそれが「Please Please Me」だったりした訳ですが、John Lennon主導で書かれたBeatlesナンバーはいままであまり歌ってこなかったので、嬉しいプレゼントとなりました。

今回のコンサートで前回の「Please Please Me」の立場にあたるのがBeatles解散後初披露となる「Day Tripper」となるのですが、もう一曲注目したいのが今回紹介するWingsの大ヒットアルバム『Band On The Run』に収録されいた「Mrs. Vandebilt」です。

2008年のウクライナ公演でリクエストが多かったため披露するようになった曲で、ロシア風といわれればロシア風のメロディを持つ曲です。

1973年の曲を35年後の2008年に初めてライブで行ったMcCartneyの気持ちはどんななんでしょうかね。

McCartneyは最近のコンサートではWings時代の曲は定番の「Live And Let Die」、「Jet」、「Band On The Run」、「Let Me Roll It」あたり以外はあまりやらなくなってしまったですが、個人的にはまったくセットリストに選ばれない、もしくは演奏したことのない「Silly Love Songs」、「Goodnight Tonight」、「Baby's Request」、「My Brave Face」、「She's My Baby」、「No Words」なんかもやってもらいたいなぁ。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


Paul McCartney - Good Evening New York City (Live) - Mrs. Vandebilt Paul McCartney - Good Evening New York City (Live) - Mrs. Vandebilt 「Mrs. Vanderbilt」 Paul McCartney (2009年)

Paul McCartney & Wings - Band On the Run (Remastered) - Mrs. Vandebilt Paul McCartney & Wings - Band On the Run (Remastered) - Mrs. Vandebilt 「Mrs. Vanderbilt」 Paul McCartney & Wings (1973年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ』 Open Amazon.co.jpグッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴポール・マッカートニー (2009年)

『バンド・オン・ザ・ラン』 Open Amazon.co.jpバンド・オン・ザ・ランポール・マッカートニー & ウイングス (1973年)


スポンサーサイト

tag : ポール・マッカートニー ビートルズ

♪Isn't It A Pity (Demo Version) by George Harrison

どうもジョン羅門です。

今日、紹介するのはGeorge Harrison(ジョージ・ハリスン)の「Isn't It A Pity (Demo Version)」です。

今年でたHarrisonのベストアルバム『Let It Roll: The Best of George Harrison』のiTunes Storeバージョンのみのボーナストラックとして収められています。

おそらくBeatles(ビートルズ)時代のGet Backセッションの頃に録音されたものだと思われます。

Harrisonの初の実質的なソロアルバム『All Things Must Pass』収録のオリジナルはPhil Spector(フィル・スペクター)による壮大なウォール・オブ・サウンドとなっていましたが、シンプルなこのDemo Versionは曲そのものの純粋な魅力を伝えてくれます。

惜しむらくはこれがiTunsでアルバム単位で購入しないとGetできないこと。
手に入れるためにはCDで購入した人にとってはこの一曲のためにダブって買わなければならないし...

iTunesのいいところの一つは一曲から買えるところじゃないかなと個人的には思うので、ぜひバラ売りもして欲しいですね。



今すぐ聴きたい、iPODに入れて持ち歩きたいという方はこちらから
ジャケット、または iTunes ボタン をクリックするとiTunesを起動しiTunes Music Storeの商品ページへジャンプします


George Harrison - Let It Roll - Songs of George Harrison (Remastered) - Isn't It a Pity (Demo Version) George Harrison - Let It Roll - Songs of George Harrison (Remastered) - Isn't It a Pity (Demo Version) 「Isn't It a Pity (Demo Version)」 George Harrison (2009年)



どうしてもCDが欲しいという方はこちらから
ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします


『Let It Roll: The Best of George Harrison』 Open Amazon.co.jpLet It Roll: The Best of George Harrison』 George Harrison (2009年)


tag : ビートルズ ジョージ・ハリスン

プロフィール

ジョン羅門

Author:ジョン羅門
1TBのiPOD出ないかなぁ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ユーザータグ

椎名林檎 ともさかりえ 小室哲哉 土屋アンナ 小泉今日子 ビートルズ 氷室京介 マイケル・ジャクソン 木村カエラ ヱヴァンゲリヲン 宇多田ヒカル ジャクソン・ファイブ いまみちともたか カーペンターズ 布袋寅泰 奥田圭子 ゼクシィ BOØWY ホッピー神山 羊毛とおはな ジョージ・ハリスン オアシス ザ・ローリング・ストーンズ ポール・マッカートニー 飯島真理 MAJIK MONKEY 岡田有希子 グリーン・デイ CHARA 松任谷由実 桑田佳祐 Superfly デペッシュ・モード 

お気に入り
last.fm 週間マイベストトラック
fucruijff's Profile Page
iTunes Store Top 10 Songs

iTunes Store Top 10 Apps

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
おすすめiPOD
Apple iTunes Music プリペイドカード
ジョン羅門 Recommends






iTunes Store Recommends
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
    iTunes Store(Japan)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
9944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦楽
1407位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。